『勉強』ほど”努力”が報われるのことは世の中にはない

こんにちは。

成績アッププランナー、

オンラインプロ家庭教師の

伊藤 文嗣です。

勉強や成績に不安があったり、

オンライン教育に興味があったら

下のボタンで、自宅に居ながら受けられる

無料の個別の相談・体験授業を申し込んでみてください。

さて、あなたは、

「世の中どんなに努力しても報われない」

と思っていませんか?

残念ながらその通りなことばかりです。

はい。勉強しているあなた!

『勉強』ほど『努力』が報われるものは

世の中にはないのですよ。

「勉強頑張ってもどーせ無理」

「勉強しても報われない」

と思っているあなた!

今日はそんなあなたへのお話しです。

ぜひ最後まで読んでみてください。

結論:勉強は、努力すればしただけ、必ず報われる

いや、「そんなことないでしょ」と思いましたか?

たとえ、今、結果が出ていなくても、

勉強に関しては『必ず』報われます。

勉強とはそういう物です。

以下にその理由を説明していきます。

スポーツの世界では努力は報われないことが多い

勉強が、必ず努力が報われる理由を話す前に、

世の中にたくさんある

『努力が報われない』わかりやすい例として、

スポーツを考えてみます。

どんなに努力しても、

  • 甲子園で優勝するのは、県外から優れた選手を集めた私立高校
  • 地元サポーターがどんなに応援してもラグビー日本代表は南ア代表に勝てなかった(T_T)
  • 浅田真央さんは、どんなに凄い演技で感動を与えても金メダル取れなかった

などなど、努力が結果に結びつかない、

報われないことばかりです。

理由は3つあります。

ひとつめは、スポーツの場合、

勝者はたったひとりで、

それ以外は2位でも3位でも同じ

という非常に厳しいものだからです。

2つめは、

勝つための『正解』がないからです。

「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし」

と言われるとおり、

勝ちに『正解』はなく、

必ず勝てる方法、というものは存在しないのです。

3つめは、勝敗を決める要因に

自分でコントロールできることが

非常に少ないことです。

チームスポーツであれば、

一人が出来ることは限られてますし、

どんなに努力・練習して実力をつけても、

相手がそれを上回ったら勝てません。

以上のように、

スポーツを含めた世の中のことは

そもそも努力が報われにくく出来ているのです。

では、勉強の場合は…

では、勉強の場合はどうでしょうか?

勉強の場合、”勝者がひとり”

ということはありません。

合格定員が1名なんて試験は

普通ないですよね?

英検や漢検のような試験では、

合格基準点を取れば『全員合格』

ということもあり得るわけです。

そして、当たり前ですが、

すべての問題には『模範解答』があり、

それを解答用紙に書ければ

『正解』となります。

そして、そのためにすることは

”『模範解答』を覚える”だけ。

特別なスキルも能力も要りません。

そしてもうひとつ、入試であれば、

どんなに点数がよくても、

まわりより1点でも少なければ不合格、

ということもありますが、

この場合でも

『満点』を取ってしまえばいいだけで、

ある意味コントロールできる状況です。

この様に、世間一般の

『努力が報われない理由』が

そもそも成立しませんw

理屈として、

必ず努力が報われる仕組みなのです。

唯一の問題は、『時間』です。

努力が報われる前に試験となってしまう、

そのリスクがあるだけです。

「勉強しても報われない」と思っている”あなた”へ

だから、

今、もし、壁にぶつかっている、

行き詰まりを感じている

「勉強しても報われない」

と思っているなら、

まずその努力が”正しい”のか

相談してみてください。

身近な人、学校の先生に

相談してみてください。

また、ボクに相談してもらっても構いません。

メール(info@humanstars.jp)でも、

お問い合わせフォームでも

下のボタンからでも、

一人で抱え込まずに

ぜひ、相談してみてください。

と、これだけだとちょっと不親切なので、

今すぐ出来るアクションプランをお伝えします。

それは、

『もうちょっとやってみる』

です。

ここまで読んでいただいた人は

気づいているかも知れませんが、

学校の勉強で結果を出す方法は

『模範解答』を覚える

です。

そのためには、いま『やる』しかありません。

「ねむい」「めんどうくさい」

「つかれた」「ゲームしたい」

勉強をやめる理由は山ほどでてきます。

もう、理由を考える天才と行ってもいいレベルで。

そんなときに、

「でも、もうちょっとやってみる」

と3分だけ、あと1問だけやってみてください。

その3分、その1問分、

努力が早く報われます。

今日はここまでです。

最後まで読んでいただき、

ありがとうございます。


LINE公式アカウントでは、

勉強に役立つネタ、

お子さん、保護者とうまくコミュニケーションする方法

などを配信しています。

友だち追加

オンライン家庭教師も生徒募集中です。

お問い合わせ・無料体験のお申し込みはこちらまで。