リスニング(英語)の勉強で意外な大切なこと

こんにちは。

勉強嫌いの子どもに

勉強の面白さを伝える家庭教師、

伊藤文嗣です。

今日は、

英語のリスニングの勉強法について書きます。

自分のTOEIC合計点が300点が、

TOEICリスニングで495点となった方法です。

この記事を読めば

  • TOEICリスニング495点の私自身の実経験でわかった
  • あんまり関係のなさそうな
  • リスニングにとって大切な意外なこと

がわかります。

試験対策、入試対策にも効果ありですので、

リスニングにお悩みの人、

リスニングにお悩みのお子さんがいる人は、

最後まで読んでみてくださいね。

その方法は『音読』

結論から言いますね。

リスニングの効率的な勉強法、

リスニングが得意になる近道は

『音読』することです。

つまり

声を出して”話す”

こと、です。

「なーんだ」と思って

他に行こうとしているあなた!

絶対に損しますよw

せめて、この記事の最後にある

具体的な勉強法だけでも

見てください。

そして納得がいったら

戻ってきてくださいねw

「おっ!」と思った方は、そのまま、

「Stay tune!」でw

人間は”言えない”言葉は”聞こえない”!

なぜ音読が大切かというと、

人間は、自分が”言えない”言葉は

”聞こえない”からです。

風の音、車がそばを通る音、

聞こえますね。

それは、風なら「ヒュー」とか

車なら「ブブーン」とか擬音があり、

口に出して言えますよね。

だから聞こえるんです。

人の脳は、記憶や理解を『言語』でしているので、

『言語』にできない、つまり、

”言えない”言葉は”聞こえない”のです。

自分自身が実際に体験したことで

このことを説明していきますね。

アメリカに住んで、アメリカのTVが字幕なしでわかるようになったらハリー・ポッターが何言ってんのかわからなくなったw

ちょっと長いタイトルですねw

でも、この私自身の体験が証拠です。

先に書いた通り、

自分がアメリカに引っ越しする前は

TOEICの合計点が300点くらいでしたw

そんな状況で、

周りは何を言っているのか

ほとんどわからないので、

最初の2ヶ月くらいは

会社では自身の個室にこもって

黙々と仕事をし、

休日は家にこもっていましたw

まったく話をしませんでした。

周りには助けてくれる日本人がいましたから、

日本語だけでも何とかやってたのですw

しかし、もうすぐ

小さな息子くんとヨメさんが来ます。

「このままではまずい」

と思った私は、一念発起して

”話す”をメインにした勉強をしました。

具体的な方法は長くなるので

次回の記事に書きます。

その結果、映画もテレビも、

字幕なしでわかるようになり、

車で移動中のラジオを聴きながら、

渋滞を避けて他の道に行く、

なんてことができるようになりました。

そうしたら、

面白いことが起こったのです。

たまたま借りたDVD、

『ハリー・ポッター』が

まったく聞き取れなかったのです。

正確に言うと、

TVや日常会話を聞き取る力はついたのに

『ハリー・ポッター』を聞き取る力は

TOEIC300点時代から

ほとんど向上していなかったのです。

なぜだかわかりますか?

ハリー・ポッターはイギリスの映画、

だから、役者さんたちは

『イギリス式の発音』

で話しています。

自分が話せるようになったのは

『アメリカ式の発音』。

『イギリス式の発音』で話せない自分には

『イギリス式の発音』を聞き取る能力は

全く向上していなかったのです。

だから、

ハリー・ポッターが何を言っているのか、

全くわからなかったのです。

まずは教科書と教科書用のCDで

さて、自分が実際にした勉強法は

次回の記事に書きますが、

それと同じようなことが

教科書と教科書用のCDでできるので

その方法だけ書きます。

  1. まず、教科書用のCDを聴いて、聞こえたとおり話す
  2. 次に、もう一度CDを聴いて、聞こえたとおり書き取る
  3. この時、単語がわからなかったら、カタカナでいいので聞こえたとおり書く
  4. 教科書を見て②の答え合わせをする。
  5. 教科書を見ながらCDを使って、なるべくCDの発音通りに音読する

①と②はCDを途中でとめて、

巻き戻して、何度聞き直して

完成させてください。

なぜ、この勉強法がいいのか、

私がどうやって(アメリカ式発音の)

TVや映画が聞き取れるようになったか、は

次回に書きます。

今日は以上です。

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。


勉強、教育、入試、試験対策で

お悩みのことがあったら

ご相談ください。

Follow me!