アーサー・ベンジャミン:数学の教育を変えるための公式

こんにちは。
プロ・勉強コーチ
伊藤 文嗣です。

今回は、ちょっと視点を変えて、
TEDというプレゼンテーション・イベントの
プレゼン(TEDトークと言います)の
紹介です。

 

 

数学の教育を変えるための公式

プロフィールにもある通り、
私はTEDxMatsumotoという、
TEDというプレゼンテーション・イベントの
ライセンスを取得し、
松本で2度実施しました。
(2018年に3回目を準備中です)

TEDについては詳しく書きませんが、
まずは、以下のTEDトークを見てください。

簡単にまとめると、

  • 現代の数学教育は『微分・積分』を頂点とするピラミッド構造である
  • 『微分・積分』は大切な数学だけど、あんまり日々の生活で使うことはない
  • だから、「数学は使えない、つまらない」となっていまう
  • それより、「確率・統計」をもっとメインに数学教育をすればいい
  • 物事の予測など、生活に密着してるので楽しい
  • そうすればみんあ数学が好きになって数学教育は変わっていく

こんなところです。

 

確率・統計ができるようになると、
宝くじやギャンブルが
いかに不利で、
お金をかける意味が無いかを
みんなが理解していまい、
売れなくなって破綻してしまうので
きっとそんな教育に変えるのはできないと
個人的には思ってます(笑)

 

たまには、こういうのはどうでしたか?

 

 

今日はここまでです。

最後まで読んでいただき、
ありがとうございます。

では、また次回お会いしましょう。

Follow me!