『本当に頭がいい』というのは『抽象的に考えられる』こと

こんにちは。

勉強嫌いな子どもも

コーチングで勉強が楽しくなる

成績アッププランナー伊藤文嗣です。

受験生のあなた!

受験生のお子さんがいるあなた!

ちょっとのぞいてみてくださいw

さて、今日のテーマは、

『本当に頭がいいとはどういうことか』

についてです。

この記事を読めば、

  • ”頭がいい”とはどういうことかわかる
  • ”頭がいい”人がどうやって問題を解くのかわかる
  • ”頭がいい”人にならなくてもテストの点数は上がるということがわかる

『抽象的』とは?

本当に頭がいいと言うのは、

”物事を抽象的に考えることができる”

ということを、

以前こちらの記事で書きました。

頭の良さを表す指標で、

IQがありますが、

これは、どれだけ抽象的に物事を

考えられるかを評価した結果です。

ところで、抽象的とはなんでしょうか?

辞書によると

”いくつかの事物に共通なものを抜き出して、それを一般化して考えるさま。”

デジタル大辞泉より

となります。

そして、物事を抽象的にしていくこと

『抽象化』と言います。

『リンゴ』を『抽象化』してみる

たとえばリンゴを例に

『抽象化』について考えてみましょう。

リンゴとバナナ、みかん、

パイナップルなどは、

”果物である”ということを

”共通なもの”として『果物』

と抽象化できます。

さらに果物は、魚や肉、

野菜などと合わせて

『食べ物』と抽象化ができます。

ちなみに、抽象化の逆が『具体化』で、

リンゴの例だと、

リンゴを”フジ”とか”シナノゴールド”などの

品種に分類していくのが具体化になります。

この抽象化は当たり前で

大したことないように思えますが、

人間だけができる非常に高度な考え方で、

多くの問題を解決し

人類の進歩に貢献してきたものです。

『抽象化』の何がすごいの?

たとえば

A、B、C、D、Eという問題があって、

Aという問題は解決できたとします。

で、このうちA、B、Eの3つは

『D』と抽象化できるとします。

Dに抽象化された3つの問題は、

Aと同じ方法で解決できるか、

ちょっと手を加えるだけで

解決できる可能性が高いです。

これにより、問題の全てを

一つ一つ個別に解決するのではなく、

一つの突破口から、多くの問題を

まとめて解決していく事ができます。

こうして人類は、

一気に多くの問題を解決することができ、

他の動物と比較して

飛躍的な進歩を遂げることができたわけです。

”抽象的に物事を考える”ことの凄さと、

これが”頭がいい”につながることが

理解いただけたでしょうか?

学校のテストでは抽象的に考える必要はあるの?

では、『抽象的に考える能力』は

テストで点を取るために必要でしょうか?

答えは、あれば便利ですが、

必須のものではありません。

その理由は、

テストには『模範解答』があるから

です。

『抽象的に考える能力』は、

「サッカー日本代表監督は誰が最適か?」

のような、答えのない問題を

考えるときに力を発揮するもので

テスト用に『模範解答』がある場合は、

それを覚えている『記憶力』の方が

効果があるからです。

だからテストの点数を上げるために

頭が良くなる必要はないし、

逆に、テストの点数が低いからと言って

頭が悪いわけではないのです。

いかがでしょうか?

抽象的に考えることのパワーを

感じることができたでしょうか。

今日はここまでです。

最後まで読んでいただき

ありがとうございます。


勉強のこと、成績のことで

心配なことがあったら下記までどうぞ。

オンラインなので、

自宅で安心して相談できます。


”コーチング”という切り口で、

勉強に関しての気づきが得られ、

成績がアップするメルマガはこちらから。