テストのときに『平常心』になる方法

こんにちは。

3ヶ月で勉強が楽しくなり、

6ヶ月で勉強が好きになる

オンライン家庭教師の伊藤文嗣です。

さて、いきなりですが…

『人生は楽しいかい?』

びっくりしましたか?

実はこれ、以前読んだ本のタイトルなんです。

とても面白いので、

何度も何度も読み返しているのですが、

最近読み直してみて

『平常心』

というのがとても心に残ったので

今日はそのことについて書きます。

この記事を読むと

  • テスト前やテスト中、自分がどんな状態なのかわかります
  • 平常心を取り戻す方法がわかります
  • いつでも平常心で臨めるので、試験で最大限の結果が得られるようになります

です!!

最後まで読んでみてください。

こんなことはありませんか?

試験のときです。

開始の合図とともに問題全体をパーッと見る。

「難しそう」
「見たことがないな…」

そんなことが頭をよぎり、

できそうな問題から手を付けます。

思ったとおり、その問題は簡単で、

すいすいと解答をかいていきます。

ところが、想定外の箇所が出てきて

手が止まってしまいました。

「やばい、どうしよう…」

気持ちが焦ってきます。

パニックに近い状態になってきました。

「落ち着け、次のできそうな問題を見てみよう」

とりあえず次の問題に目を移すと、

先程は簡単と思った問題が

難しく見えてきます。

気持ちはどんどん焦って…

「あーやべー」

試験中に

こんなふうになったことはありませんか?

なぜそうなってしまうのか?

いきなりですが、

先程紹介した本の中にこんな質問があります。

「水の入ったやかんを火にかけたら、どれくらいで沸騰すると思う?」

5分から10分くらいかな…

そう思いましたか?

本にはこうかいてあります。

「火にかけた瞬間に沸騰するやかんもある」

と。

どういうことでしょうか?

そのやかんは、

最初からすでに沸騰寸前の状態だったので

火にかけた瞬間に沸騰してしまった、

ということです。

つまり、試験開始時の状態が、

”沸騰寸前”だったため、

ちょっとしたことで”沸騰”、

つまり、焦ってパニックになってしまったのです。

だから、試験開始までに、

”沸騰寸前”でなく、

温度を下げておかなければいけません。

この常温まで下がった状態が

『平常心』なのです。

余談ですが、

「ちょっと納得がいかない」

となりませんでしたか?

この場合、英語の『water』の訳を

『水』とするのが適切なのか、

というのが原因ではないですか?

沸騰寸前の『water』は

『水』でなく『お湯』ですもんね。

英語の『water』はただ単に

液体のH2Oに過ぎません。

一方日本語は、『お湯』『水』など

いろんな言葉がありますね。

きっと水に対する文化の違いなんだと思います。

なお、英語の『お湯』は『hot water』です。

話を本題に戻しましょう。

つまり、『平常心』でいることはとても大切なのです。

どうやって『平常心』を取り戻すのか

では、どうやって『平常心』となればいいのでしょうか?

まず、自分が『平常心』でないことを

確認しましょう。

10秒でいいので、

自分を”観察”してください。

人によっていろいろありますが、

脈拍が早くなって、

いつもは聞こえない心臓の音や

心臓の動きが気になったり、

お腹の下のほうがむずかゆくなったり、

そういう、”いつもとは違う”感覚が

あるはずです。

それが沸騰寸前の『お湯』である証拠です。

さて、いよいよ『平常心』にしていきます。

その方法は、『呼吸』です。

鼻から吸って口からはく。

それだけです。

特別な方法、たとえば腹式呼吸とか、

〇〇式呼吸みたいなことを

する必要はありません。

なぜなら、『平常』

つまり『普通』になる方法だからです。

「えーーー!」と思いますよね。

ボクもそう思いました。

が、だまされたと思ってやってみてください。

結構効果がありますよ。

さらに調べてみると、

『呼吸』はいろいろあるんです。

お産のときのラマーズ法。

これは呼吸で出産時の痛みを

コントロールする方法です。

『呼吸』が止まったら生きてはいけません。

心臓の動きも止まったら生きていけません。

体温調節もできなくなったら、かなりやばいです。

これらのうち、『呼吸』以外は、

意識せず勝手にやっている活動で

しかも、自分の意思で”止める”ことができません。

どんなに頑張っても

心臓を止めることはできませんよね?

でも、呼吸は、普段は

意識せず勝手にやっていることですが、

自分の意思で簡単に止めることもでき、

自分の意思で”再開する”こともできます。

深いですねw

ただ単に呼吸する”だけ”でも、

奥が深いのです。

興味のある方は、

Googleして調べてみてください。

今日は以上です。

最後まで読んでいただき

ありがとうございます。


LINE公式アカウント

友だちに追加していただくと、

勉強が楽しく、楽に、

そして得意になる方法、

日々の学習に役に立つ話が届きます。

ぜひ登録してください。

もちろん無料です。

友だち追加

インターネット、SNSを使った、

自宅に居ながら受けることができる

画期的な家庭教師サービスです。

まずはこちらから

無料体験・無料相談を

お申し込みください。