『人がやらないときにやる』勉強法

こんにちは。

勉強嫌いの子どもに

勉強の面白さを伝える家庭教師、

伊藤文嗣です。

受験シーズンなので、

受験生向けに記事を書きますね。

この記事を読めば、

  • ズバリ!人がやってないときに勉強ができるようになります

です!!

とても大事な内容なので、

最後まで読んでくださいね。

寝ないで勉強しなさい!…ではありません

高校受験や、大学受験は、

資格試験とちがい、相対評価ですので、

どんなにいい点数でも、

周りと比べて点数が悪ければ残念な結果となり、

どんなに悪い点数でも、

周りと比べて点数が良ければ合格となります。

なので、スポーツと同じで

相手がいる”ゲーム”みたいなもんです。

だから、受験でいい結果を得るためには

相手より一歩でいいので先に行かなければいけません。

相手に差をつけなければなりません。

実は、相手に差をつけるのは簡単で、

相手が勉強していないときに勉強すれば

その分差をつけることができます。

だからといって、

相手が寝ているときに勉強する、

とかやって睡眠時間を減らすのは

体に良くないので得策ではありません。

相手が遊んでいるときに勉強するのは

いいことですが、

まったく遊ばない、というのも

精神的によくありません。

では、どうすればいいのでしょうか?

すきま時間を利用する

起きて活動している時間全てで

勉強しているわけではないですよね?

お風呂にも入るし、トイレにも行く。

学校に行くときは、電車やバスに乗るし、

テレビを見て気分転換しているといっても

CMの時間は番組ではないですね。

そんな時間に勉強する工夫をすればいいのです。

ヒントとして、数学の勉強法を

お話しますね。

カードを使って問題と解答を覚える

こちらでも話してますが、

受験勉強は問題と模範解答を覚えることです。

なので、カードを使って覚えます。

こんな感じで表に問題を書きます。

裏には模範解答を書きます。

後は英単語と同じで、

カードを持ち歩いて問題を見たら

解答が言えるようにします。

そして、これまた英単語と同じで、

逆もやります。

つまり、解答を見て

問題が言えるようにします。

そうすれば、覚えることは完璧になります。

カードなので、お風呂に入っても使えます。

濡れちゃったら、作り直せばいいのです。

カードを作るために”書く”ことも勉強になります。

カードなので、満員電車でも

周りに迷惑をかけずに勉強できます。

カードなので、いつも携帯できるので、

テレビのCM中にササッと

勉強することができます。

こんなふうに、

すきま時間を利用して勉強するのです。

ちなみに、

オススメのカードはこれです。

紙質がちょうど良く、大きさも最適、

値段もお手頃です。

あとは、こんな動画があれば、

スマホでどこでも勉強できますね。

すきま時間を利用する方法は

知恵を絞れば”強制力”無限”にあります。

まとめますね。

  • 受験勉強は相手より一歩でいいので先に行けばいい
  • 相手より一歩出るためには”人がやってないときに”勉強すればいい
  • ”人のやってないとき”とは”すきま時間”、睡眠時間を削る必要はない
  • ”すきま時間”を利用する工夫はいっぱいある
  • カードとかスマホ動画は一例

今日は以上です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。