受験勉強で『過去問』が大切な理由

こんにちは。

コーチングで成績アップ
伊藤 文嗣です。

 

突然ですが、
『赤本』はご存知ですか?

 

東京大学や京都大学など
有名大学の過去問を集めた問題集です。

もう何十年も続いている
文字通り『受験のバイブル』です。

 

今日は勉強、特に受験勉強における
”過去問の大切さ”について書いてみます。

 

予備知識:パレートの法則

ちょっと過去問とは話がそれますが、
『パレートの法則』って知っていますか?

イタリアの経済学者の
パレートが発見したとされる
『経験則』です。

 

ウィキペディアからの抜粋ですが、
具体的な例は以下のようなものです。

  • 売上の8割は全顧客の2割が生み出している
  • 商品の売上の8割は、全商品銘柄のうちの2割で生み出している
  • 売上の8割は、全従業員のうちの2割で生み出している
  • 仕事の成果の8割は、費やした時間全体のうちの2割の時間で生み出している

 

簡単にまとめると、

”全体の数値の大部分は、全体を構成するうちの一部の要素が生み出している”

という事です。

 

もともとは経済理論なのですが、
経済以外の分野でも
応用が効くとされています。

80/20の法則とも言われています。

 

これを勉強に当てはめて考えると、

”重要な2割”で、”点数アップの効果”の8割が得られる

という事になります。

 

この重要な2割の一つが『過去問』なのです。

 

 

なぜ『過去問』が重要なのか

高校受験なら中学校で習う3年分、
大学受験なら高校で習う3年分という
膨大な量が試験範囲となるので、
これを受験勉強期間という限られた時間で
網羅的に勉強するのは
事実上不可能です。

時間が足りません。

 

また、学校や地域によって
『傾向』も違いますので、
やみくもに勉強しても、
試験には出ないところを
一所懸命やっている、
なんて事にもなりかねません。

 

過去問にある”問題の『傾向』”は

効果の8割を出す重要な2割

を見つけ出す鍵になるのです。

 

 

過去問は何度も繰り返しやること

過去問から得られる『傾向』は
とても重要な”2割”になるのですが、
これは、過去問の問題集に書いてある
”傾向と対策”といった項目を
読むだけでは得られません。

 

過去問を繰り返し繰り返し解いて
”肌で感じる
ものです。

 

何度も何度も繰り返して

「あ、三角形の相似の証明問題は、◯◯するものばかりだな」

「英語の問題は、ほとんど”下線部を和訳せよ”だな」

「物理の力学には毎年”慣性モーメント”の問題が出ているな」

など自分で感じるまで
繰り返し過去問を解くのです。

 

こうする事で、
問題の傾向が血となり肉となり、
揺るぎない自信にもなっていきます。

 

最低でも3回
可能なら6、7回と
繰り返すのがいいと思います。

 

 

まとめ

まとめます。

  • 勉強にもパレートの法則、80/20の法則が適用できる
  • 過去問には8割の効果を生み出す、重要な2割が含まれている
  • 最低でも3回繰り返し解いて、問題の傾向を”肌で感じる”事が大事

となります。

 

こんな”勉強するためのちょっとしたコツ”
が紹介されている本がありますので、
参考までに。

児玉 光雄 (著) 勉強の技術 すべての努力を成果に変える科学的学習の極意 (サイエンス・アイ新書)

 

 

今日はここまでです。

最後まで読んでいただき、
ありがとうございます。

また次回お会いしましょう。